住宅ローン選びは慎重に

住宅ローンの選び方・組み方ガイド!

住宅ローン選びは慎重に

住宅ローンの取り扱い窓口は多い

 以前までは、住宅ローンは政府系金融機関である住宅金融公庫を利用する人が圧倒的でしたが、住宅ローンが自由化されてからは、金利などの条件面で各金融機関が特色を出し、現在は多種多様な住宅ローンが提供されています。

さらに、住宅金融公庫の後継である住宅金融支援機構が、フラット35という固定金利型の住宅ローンを提供するようになってからは、取り扱い窓口も多様化していきました。

  • 銀行系(銀行、信金など)
  • 保険会社(生保、損保)
  • 不動産会社やハウスメーカー(提携ローン)
  • モーゲージバンク(フラット35)

上記のように、銀行や保険会社といった金融機関だけではなく、不動産会社(不動産業)やハウスメーカー(建設業)、モーゲージバンクという馴染みのない名称の取り扱い窓口もあります。

不動産会社やハウスメーカーが取り扱う提携ローンとは、簡単に言えば住宅ローンを提供している金融機関の紹介で、自らが住宅資金の貸し付けをしているわけではありません。

モーゲージバンクというのは、フラット35を専門に取り扱う金融機関で、フラット35の申し込みは、大多数がモーゲージバンク経由です。不動産会社やハウスメーカーが、モーゲージバンクを紹介することもあり、フラット35を考えているなら、検討材料に入れるべき窓口です。

これだけ取り扱い窓口があると、逆にどこに申し込んだら良いのか迷ってしまいますが、だからこそ条件面を比較することで、好条件を見つけられる状況にもなっているのです。

金利だけで選ぶ間違い

 住宅ローンの選び方として、最も重要で返済額に影響するのが金利である点は、誰も異論があるはずもなく、同じ条件なら金利が低い住宅ローンを選びます。折り込みチラシで値段を見ない人はいないように、住宅ローンという商品の値段は、金利にあると言って過言ではありません。

ただし、住宅ローンには保証料や事務手数料など諸費用が発生し、その金額も金融機関で異なります。

それだけではなく、繰り上げ返済手数料が高かったり、金利が高くなって借り変えようと思ったら、解約手数料が高額だったりと、金利だけで比べるのは必ずしも正解とは言えないので、住宅ローンで発生する全体的な出費を比べるようにしましょう。

繰り上げ返済を見込んだ選び方

 住宅ローンの返済を始めると、生活費が大きく失われていくので、必然的に生活が苦しくなってしまいます。

長い借入期間はそれだけ総支払額が増えますから、どうしても最短の借入期間で契約したくなりますが、余裕のある借入期間を設定しないと急な出費に対応できません。

余裕のある返済は、利息を多く支払うデメリットを伴うとしても、繰り上げ返済を容易にすることでデメリットを小さくしていくことが可能です。ここでも住宅ローンの選び方が大切で、繰り上げ返済手数料が発生しない金融機関を選ばないと、繰り上げ返済を前提にした返済計画は無駄が生じます。

また、住宅ローン控除の適用には、最初の支払いから最後の支払いまでが10年以上という条件があるため、10年を割り込まないで繰り上げ返済できるように、借入期間と繰り上げ返済を調整することも大切です。

住宅ローンは比較が大切!

住宅を購入する際、紹介される提携ローンは購入者に不利な場合が多く、言われるがままに契約するのは非常にもったいないです。私も使った一括審査サービスをご紹介します。私は8大疾病保証もつけて最も低金利で組みました。

住宅ローン

私の住信SBIネット銀行住宅ローン契約体験記【生口コミ】

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ

  1. 住宅ローンを選ぶ前に考えること
  2. 住宅ローンの違いを知る
  3. 住宅ローンを借りるまでの計画
  4. 住宅ローン選びは慎重に
  5. 住宅ローン選びの実践