住宅ローンを借りるまでの計画

住宅ローンの選び方・組み方ガイド!

住宅ローンを借りるまでの計画

物件選びと住宅ローン選び

 一生に一度かもしれない住宅選びは、失敗しないために慎重になりますし、不動産は簡単に売買できないので、どうしても時間が掛かってしまいます。

しかし、同様に住宅ローンで資金を借り入れるのにも時間が掛かることは、物件を選び始めた段階では気付きにくい盲点になっています。

店頭で物品と代金を引き換えにする小売りと違い、買うまたは建てると決めてから、慌てて住宅ローン選びを始めても、そこから住宅を手に入れるのは何ヶ月も先になります。

特に売買の場合には、売主がいつまでも待ってくれるとは限らず、他に買いたい人が現れたら、早く買ってくれる人に渡ってしまうことも十分に考えられるでしょう。

少なくてもお目当ての住宅が見つかった段階で、住宅ローンの仮審査を申し込めるように、物件選びと住宅ローン選びは並行して行わなければ、手遅れの可能性もあるということです。

住宅ローンの審査に掛かる時間

 住宅ローンの審査は、仮審査本審査という2段階形式になっており、仮審査は必須ではないながらも、借りられるかどうかわからない(つまりお金を払えるかわからない)人には、誰でも住宅を売ったり建築を請け負ったりしたくないものです。

本審査は売買や建築請負の契約後に申し込むので、契約前の段階で仮審査を受けておき、取引相手に対する信頼性を高めるのが、不動産取引のマナーでもあります。

仮審査に要する期間は短く、早ければ数日、遅くても1週間もあれば結果が出ますし、複数の金融機関に仮審査を依頼できます。

本審査は、金融機関の他にも保証会社(連帯保証人の代わりに住宅ローンの支払いを保証してくれる専門の会社)でも行われるため、問題が無くても1ヶ月程度は要し、通過したら住宅ローン契約を結ぶ前提で申し込む審査です。

安易に提携ローンを選ばない

 売買なら不動産会社に、建築ならハウスメーカーに相談して住宅を決めることになりますが、不動産会社やハウスメーカーには、金融機関と提携して顧客を紹介する提携ローンが用意されています。

そして、住宅ローンの利用者の大部分は、勧められるままに提携ローンを利用していて、これは不動産会社やハウスメーカーによる営業の成果とも言えます。

しかし、本当に提携ローンが最もお得に借りられるのか、住宅ローンという高額の借り入れの場合には良く考えてみなくてはなりません。スーパーよりも高いと知っていて、近くて便利なコンビニで食品を買うのと、数千万円という単位で借りる住宅ローンの違いを意識するべきです。

借りるときだけの僅かな手間を惜しんで、視野を広げずに提携ローンを選び、大きく損をするケースはいくらでもあります。提携ローンを利用するとしても、他の住宅ローンも検討し、提携ローンが好条件であると確認が取れてから申し込むべきでしょう。

住宅ローンは比較が大切!

住宅を購入する際、紹介される提携ローンは購入者に不利な場合が多く、言われるがままに契約するのは非常にもったいないです。私も使った一括審査サービスをご紹介します。私は8大疾病保証もつけて最も低金利で組みました。

住宅ローン

私の住信SBIネット銀行住宅ローン契約体験記【生口コミ】

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ

  1. 住宅ローンを選ぶ前に考えること
  2. 住宅ローンの違いを知る
  3. 住宅ローンを借りるまでの計画
  4. 住宅ローン選びは慎重に
  5. 住宅ローン選びの実践