返済負担率

年 収 返済負担率
300万円未満 25%以内
400万円未満 30%以内
400万円以上 35%以内

返済負担率では、年収に対していくらまで返済が可能かを判断します。
年収が多いほど、年収に対しての返済負担率の%が上がります。
つまり、年収が多いほど返済額の%が多くても大丈夫であろうということです。

返済負担率=年間返済額÷年収×100という計算式になります。
返済額に上乗せでかかってくる金利は金融機関によって異なりますが、3〜5%で計算することが多いようです。

※自営業者の場合は3期分(3年分)の収入が審査の対象となります。
3期の平均値としたり、直近の収入にしたり、最低時の収入にしたりと、銀行によって審査の基準が異なります。