株式会社優良住宅ローンのフラット35 | 住宅ローンの選び方・組み方ガイド!

住宅ローンの選び方・組み方ガイド!

株式会社優良住宅ローンのフラット35

基本的には住宅金融支援機構の条件と同じ

 株式会社優良住宅ローンのフラット35は、提供元の住宅金融支援機構での融資条件を引き継いだ条件になっています。

取り扱う金融機関が独自に定める、金利や手数料などの条件以外は、ほとんど同じと言っても良く、特別な条件はありません。

それは当然の事で、株式会社優良住宅ローンが異なる融資条件で顧客を集めても、結局は住宅金融支援機構の融資条件に適合しなくてはならないからです。

  • 全期間固定で15年〜35年(79歳までを上限)
  • 融資額は100万円以上8,000万円以内
  • 返済比率(収入に対する返済額)は30%〜35%
  • 保証人が不要
  • 保証料、繰り上げ返済(100万円以上)手数料なし

上記のような主な融資条件の他にも、細かい条件は株式会社優良住宅ローン・住宅金融支援機構の各ホームページで確認できます。

1つ違うとすれば、株式会社優良住宅ローンで異なるのは、原則として団体信用生命保険に加入しなければならない点です(不加入を申し出ることは可能)。

しかし、フラット35以外の一般の住宅ローンでは、団体信用生命保険への加入が必須ですから、この点は何も問題にならないでしょう。

また、利用者としても万が一に備えるため加入する保険ですし、団体信用生命保険に加入せずに事故や病気で不幸が起こると、遺族には多額の負債が残っていまいます。

したがって、団体信用生命保険への加入が任意であるフラット35でも、利用者は団体信用生命保険に加入するのが普通で、決して特別な事ではありません。

株式会社優良住宅ローンのフラット35申し込みの流れ

 他の金融機関で申し込む場合と大きく変わりないですが、株式会社優良住宅ローンでフラット35に申し込む場合の流れは次のようになります。

なお、不動産会社やハウスメーカー、施工会社などを経由して申し込む場合は、以下の流れを代行してもらっていると考えて大丈夫です。

最初に行うのは事前審査で、所定の申込用紙をダウンロードして、借り入れ希望金額、年収、物件情報、返済計画などを記入して郵送します。

通常、一般の住宅ローンでは、融資に自信があれば事前審査を受けなくても申し込めますが、株式会社優良住宅ローンの場合は、本審査用の書類がダウンロード提供されておらず、事前審査から始めることになります。

事前審査を通過すると、本審査の書類が株式会社優良住宅ローンから送られてくるので、必要な書類を準備して記入の上、もう一度郵送します。

本審査は住宅金融支援機構で行われますが、通過してもすぐに融資されるわけではなく、融資には適合証明書(住宅金融支援機構の基準に適合している証明書)を必要とします。

適合証明書は、建築完了後に検査して発行されるため、注文住宅をフラット35で借りるときは、つなぎ融資が必要になることを覚えておきましょう。

住宅ローンは比較が大切!

住宅を購入する際、紹介される提携ローンは購入者に不利な場合が多く、言われるがままに契約するのは非常にもったいないです。私も使った一括審査サービスをご紹介します。私は8大疾病保証もつけて最も低金利で組みました。

住宅ローン

私の住信SBIネット銀行住宅ローン契約体験記【生口コミ】

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ

  1. 住宅ローンを選ぶ前に考えること
  2. 住宅ローンの違いを知る
  3. 住宅ローンを借りるまでの計画
  4. 住宅ローン選びは慎重に
  5. 住宅ローン選びの実践