住宅ローン審査と消費者金融での借り入れ履歴 | 住宅ローンの選び方・組み方ガイド!

住宅ローンの選び方・組み方ガイド!

住宅ローン審査と消費者金融での借り入れ履歴

消費者金融での借り入れが悪いのではない

 住宅ローンの審査に、消費者金融での借り入れが影響するかどうかについては賛否両論あり、そのどちらも正しいと言えます。

なぜなら、審査をする金融機関や保証会社が、借り入れの履歴をどのように考えるかは、審査担当によって違うのが当然だからです。

少なくとも、消費者金融からお金を借りている状態で、さらに住宅ローンで借りようとしたとき、返済負担が大きすぎて返せないと思われても仕方がないでしょう。

もしかしたら、諸費用分として融資希望額に含めている金額が、消費者金融への返済に回されるかもしれず、金融機関はそのような融資を認めません。

しかし、借入額が少なく、完済の見込みがあるなら、住宅ローンの審査への影響度は小さいと考えられます。

消費者金融だから悪いのではなく、借入金で返済が苦しいのに、住宅ローンを借りようとしていないかという状況を審査されるということです。

消費者金融での借り入れ履歴は調べられる

 消費者金融でお金を借りると、その情報は加盟している個人信用情報機関に登録され、最低でも5年間は保持されます。

「最低でも」とは、返済や借り入れが続いていく限りは記録が残っていくので、完済してから5年間は残ることを意味しています。

消費者金融が加盟している個人信用情報機関は、シー・アイ・シー(CIC)と日本信用情報機構(JICC)の2つです。もう1つ、代表的な個人信用情報機関に、全国銀行個人信用情報センター(KSC)がありますが、こちらは消費者金融が加盟できません。

しかし、各個人信用情報機関は互いに提携する事で、個人信用情報の整合性を高めており、現在においては、どこか1つに情報が登録されていれば、全てに登録されているのとほとんど同じです。

したがって、消費者金融で借り入れた履歴は、完済から5年経たなければ調べられてしまい、不安な材料があるなら時間の経過を待ちましょう。

消費者金融で完済の履歴はどうなる?

 延滞の履歴が、住宅ローンの審査で致命的なのは言うまでもないですが、完済の履歴が残っていた場合、影響はあるのでしょうか?

これについては、どちらとも言えず、完済実績として好意的に見るか、やはり消費者金融で借りるような顧客には貸せないと思うかわかりません。

しかし、完済して借金を綺麗にしてから、住宅ローンの審査を受けようとするのは、可能ならしておくべき対策で、借金はあるよりも無い方が良いのは明らかです。

完済の履歴を全く問題にしない金融機関もあるはずなので、審査に落ちたとしても、他の複数の金融機関に申し込めば、どこかで通過する可能性は高いでしょう。

住宅ローンは比較が大切!

住宅を購入する際、紹介される提携ローンは購入者に不利な場合が多く、言われるがままに契約するのは非常にもったいないです。私も使った一括審査サービスをご紹介します。私は8大疾病保証もつけて最も低金利で組みました。

住宅ローン

私の住信SBIネット銀行住宅ローン契約体験記【生口コミ】

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ

  1. 住宅ローンを選ぶ前に考えること
  2. 住宅ローンの違いを知る
  3. 住宅ローンを借りるまでの計画
  4. 住宅ローン選びは慎重に
  5. 住宅ローン選びの実践