住宅ローンが通らない代表的な理由 | 住宅ローンの選び方・組み方ガイド!

住宅ローンの選び方・組み方ガイド!

住宅ローンが通らない代表的な理由

審査に通らない理由は色々ある

 住宅ローンの審査に落ちる理由は、人によって全く違い、本人に自覚が無いケースから、もしかしたらまずいかもと思っている理由まで様々です。

  • 年齢や健康状態に関する内容
  • 勤務先や収入に関する内容
  • 借入金とその返済履歴に関する内容
  • 融資対象の物件に関する内容

このような内容を審査されて、融資の可否が決まるのですが、対策といってもできる内容とできない内容がありますし、それ以前にどうして落ちてしまうのか考えた方が良いでしょう。

融資希望額が高すぎる・収入が低すぎる

 どちらも同じような意味で、希望額を下げて頭金を用意するか、購入・建築したい物件を見直す必要があります。場合によっては、「いくらまでなら融資可能です」といった回答を聞けることもありますが、大抵は審査を通らなかった理由は教えてもらえません。

収入を急に上げることはできませんので、自己資金を用意したり、既にある借入金をできるだけ完済したりすれば、収入に対する借入金の割合が下がって、あっさり通過することもあります。

また、収入が十分であっても、物件の持つ価値が低すぎて、十分な担保(返済の保証)になっていない場合があります。

この場合は、別途担保になる不動産など(申込者の所有でなくても良い)を提供すると、審査を通過できる可能性が高く、金融機関からも担保を追加するように言われます。

返済が安定しないと判断されている

 主な理由としては、完済時の年齢が高い、雇用形態が不安定、自営業で経営が不安定などで、収入の変化がリスクになるため、安定返済が望めないケースです。

借入期間を短くしてしまうと、毎月の返済額が増えて、今度は収入面で足りなくなる可能性があり、雇用形態を変えることもすぐには難しいので、この理由で審査に落ちた場合は、対策がかなり難しいと言えるでしょう。

場合によっては、連帯保証人を立てるか、夫婦や親子の連帯債務にすることで、信用が上がって審査に通過できる場合もあります。

信用できないと判断されている

 この理由で審査に通過しない場合は、ほぼ致命的な理由になり、回復するには一定期間の経過を待つしかない上に、他の金融機関に申し込んでも、同じように審査を通過しない可能性が非常に高くなります。

なぜなら、個人信用情報(これまでの借入金に対する履歴の情報)に、住宅ローンの融資に不適格な情報が残っているからです。

現金払い以外の買い物(クレジットカード、ローン)、現金の借り入れ(カードローン、キャッシング)による直近の履歴は、全て残っているといっても過言ではなく、特に延滞履歴については、住宅ローンの審査で重要視されます。

延滞した金額の大小ではなく、延滞していたという事実が記録として残っていれば、それだけで審査に落とされる理由になるのです。

個人信用情報というのは、専門の機関に登録され、通常5年間は保管されているため、もし延滞の記憶があるのなら、最低でも5年間は経過しないと、審査を通過できないということです。

住宅ローンは比較が大切!

住宅を購入する際、紹介される提携ローンは購入者に不利な場合が多く、言われるがままに契約するのは非常にもったいないです。私も使った一括審査サービスをご紹介します。私は8大疾病保証もつけて最も低金利で組みました。

住宅ローン

私の住信SBIネット銀行住宅ローン契約体験記【生口コミ】

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ

  1. 住宅ローンを選ぶ前に考えること
  2. 住宅ローンの違いを知る
  3. 住宅ローンを借りるまでの計画
  4. 住宅ローン選びは慎重に
  5. 住宅ローン選びの実践