フラット35について | 住宅ローンの選び方・組み方ガイド!

住宅ローンの選び方・組み方ガイド!

フラット35について

政府系金融機関が提供する民間ローン

 フラット35は、住宅金融支援機構という政府系の金融機関が、国民が利用しやすい住宅融資のために、民間企業を通じて提供している住宅ローンの1つです。

フラット35の特徴は、最大35年という長期間を低い固定金利で借りられる事で、固定金利であるために返済額が金利の影響を受けず、返済計画を立てやすいのが支持される理由の1つになっています。

民間の金融機関では、5年や10年といった短期間ならフラット35よりも低い金利でも、長期間の固定金利ではリスクが伴います。

金利は常に変動するので、低い固定金利で貸してしまうと、市場の金利が上回ったときに、利益の出ない貸出になってしまう可能性があるためです。

したがって、公的な住宅金融支援機構が、政策的な側面から長期固定金利を提供しているのがフラット35になります。

フラット35の申し込み先は主に金融機関ですし、支払いも申し込み先に行いますので、利用者には他の住宅ローンと変わりませんが、実際には住宅金融支援機構が関与して、複雑な仕組みでフラット35は運用されています。

フラット35のメリットとデメリット

フラット35には、低利の長期固定金利というメリット以外にも、保証人が不要(保証料が無料)、繰り上げ返済手数料が無料(100万円以上、インターネット利用で10万円以上)、借り換えでも利用可能といったメリットがあります。

民間の住宅ローンでは、保証会社に支払う保証料が高額で、保証会社を利用せずに連帯保証人を立てないと無料にすることができないので、保証料が無料になるのは大きなメリットです。

フラット35では、住宅金融支援機構が保証的な役割を担うため、そもそも金融機関が保証を求める必要が無く、保証人も保証料も発生しないという訳です。

対してデメリットですが、住宅金融支援機構で定める基準に適合した住宅という融資条件がある点です。

基準に適合しているかどうかの検査は、書類検査だけではなく現場検査が行われ、建築工事が完了しなければ、適合証明書が発行されません。

必然的に、新築の場合は着工等に必要な一時金を、つなぎ融資か自己資金で用意することになってしまいます。

また、団体信用生命保険の加入が任意で人によってはメリットにもなりますが、他の住宅ローンでは金融機関が保険料を支払う(ただし金利上乗せされる)ので、団体信用保険に加入すると、別途特約料の支払いが発生してしまいます。

累計するとかなりの金額になるため、フラット35を選択する際は、総支払額についても事前に算出して検討するようにしましょう

住宅ローンは比較が大切!

住宅を購入する際、紹介される提携ローンは購入者に不利な場合が多く、言われるがままに契約するのは非常にもったいないです。私も使った一括審査サービスをご紹介します。私は8大疾病保証もつけて最も低金利で組みました。

住宅ローン

私の住信SBIネット銀行住宅ローン契約体験記【生口コミ】

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ

  1. 住宅ローンを選ぶ前に考えること
  2. 住宅ローンの違いを知る
  3. 住宅ローンを借りるまでの計画
  4. 住宅ローン選びは慎重に
  5. 住宅ローン選びの実践