団体信用生命保険とは | 住宅ローンの選び方・組み方ガイド!

住宅ローンの選び方・組み方ガイド!

団体信用生命保険とは

万が一に備えるための保険

 フラット35(住宅金融支援機構が提供する住宅ローン)以外のほとんどの住宅ローンでは、団体信用生命保険への加入を必須としています

通称で団信と呼ばれる団体信用生命保険(以下、団信と記載)は、住宅ローンと切っても切れない関係になっており、ローンの契約者本人のためというよりも、むしろ家族のために入る保険です。

生命保険の一種である団信の特徴は、住宅ローンの契約者が死亡してしまう、返済のための収入を得られない重度障害になってしまうといった、万が一の事態が起こったとき、保険金で住宅ローンを完済するための手段である点です。

通常の生命保険は、受取人を近親者に指定しますが、団信では受取人が住宅ローンを融資した金融機関になります。

最近では、死亡や重度障害だけではなく、特約として3大疾病(ガン、心筋梗塞、脳卒中)保障付き、7大疾病(3大疾病に加えて、糖尿病、高血圧性疾患、慢性腎不全、肝疾患)もしくは8大疾病(7大疾病に加えて慢性膵炎)保障付きの団信も良く見かけるようになりました。

これらの特約は、自身の健康状態や生活習慣によるリスクと相談して加入することになりますが、医師に診断されるだけではなく、疾病による就業障害(働けなくなる状態)が一定期間継続しなければ、残債の全額補償は行われません。

保険料は毎月支払わなくても良い

 団信の保険料は、金融機関が支払うか、住宅ローンの金利に上乗せする形で支払い、毎月の返済額の他に支払うものではありません

ただし、疾病特約については任意加入であることから、どの金融機関でも増額される保険料は金利上乗せになります。

フラット35においては、団信の加入は最初から任意で、加入する場合は住宅金融支援機構の団信(機構団信)に加入しなくてはなりません(保証型と呼ばれるタイプを除く)。

その際、金利上乗せではなく、特約料として別途支払うことになりますが、住宅ローンの残債を補償するための保険なので、返済が進むにつれて徐々に特約料も減っていきます

他の生命保険との併用に注意

 既に加入している生命保険が、住宅ローンの返済まで考慮した、高額な保険金支払い契約なら、団信への加入によって住宅ローンへの不安は解消されるので、契約を見直して保険料を安くできる可能性はあるでしょう。

その一方で、団信や疾病特約付きの団信でカバーできる範囲には限界があり、怪我による入院期間など、できるだけ広い範囲を保険でカバーしようとすると、他の生命保険も考慮しなくてはなりません。

住宅ローンの支払いは、毎月の支出の中でも大きな割合を占めるため、不測の事態に備えたいのは普通の感情ですが、他の保険料を下げることで、浮いた分を繰り上げ返済に回すなど、賢く返済計画を立てて利用したいものです。

住宅ローンは比較が大切!

住宅を購入する際、紹介される提携ローンは購入者に不利な場合が多く、言われるがままに契約するのは非常にもったいないです。私も使った一括審査サービスをご紹介します。私は8大疾病保証もつけて最も低金利で組みました。

住宅ローン

私の住信SBIネット銀行住宅ローン契約体験記【生口コミ】

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ

  1. 住宅ローンを選ぶ前に考えること
  2. 住宅ローンの違いを知る
  3. 住宅ローンを借りるまでの計画
  4. 住宅ローン選びは慎重に
  5. 住宅ローン選びの実践