ボーナス併用は楽でも得ではない | 住宅ローンの選び方・組み方ガイド!

住宅ローンの選び方・組み方ガイド!

ボーナス併用は楽でも得ではない

ボーナス併用返済とは

 通常年2回のボーナス月を定め、ボーナス月は普段よりも多く返済する方法を、ボーナス併用返済と呼びます。

ボーナス月は収入が多くなるので、それだけローンの返済も多くしようという、利にかなった返済方法ですが、多くはボーナス月以外の月の返済額を軽減するために使われます。

例えば、月に10万円の返済があるとして、そのうち毎月2万円をボーナス月に回し、ボーナス月では8万円と2万円×6ヶ月の12万円を加えた、20万円を支払うという方法です。

1年間の支払い額は、8万円を12ヶ月で96万円と、2回のボーナス月が24万円の、計120万円で変わりません。

毎月10万円の支払いがきつい場合には、2万円の差額は大きいですし、ボーナスが12万円以上支給されるなら問題無く支払うことが可能です。

結果的に負担が同じだとすると、毎月の返済額は少なくしたいのが心情で、生活が困窮しないための防御策としても用いられますが、ボーナス併用返済を利用できるのは、毎年ボーナスが約束されているような、安定した職業に就いている人だけです。

ボーナス併用返済では、ボーナスが支給されなくなった途端に破綻するリスクがある事を念頭に入れておきましょう。

ボーナス併用返済は別枠

 ボーナス併用返済では、ボーナス月の返済を繰り上げ返済として扱うのではなく、借入金額を通常返済枠ボーナス返済枠の2つに分けて個別に返済されます。

通常返済枠は毎月少しずつ返済し、ボーナス返済枠は年に2回まとめて支払うイメージで、別個の返済なので利息もそれぞれに発生します

要するに、通常返済とボーナス返済の2本立てで住宅ローンを借りているのと同じになりますが、だからといって、ボーナス返済だけの住宅ローンというのは存在せず、あくまでも返済方法のオプションの1つに過ぎません。

6ヶ月毎の返済で利息差が生じる

 住宅ローンの利息は、毎月(もしくはボーナス時)に返済が終わった時点の元金残高を基に、次の返済日までの利息が発生します。

したがって、返済のたびに元金残高は減りますから、毎月の返済では、ほんの少しですが利息も減少していく事になります。

ところが、ボーナス併用返済のボーナス返済枠は、6ヶ月に1度しか返済が行われないので、本来なら毎月減るはずの利息が、6ヶ月間減りません

結果的に、毎月返済よりも若干ながらも利息が多く発生し、ボーナス併用返済ではボーナスを併用しない返済よりも、トータルの返済額が多くなります

それでもボーナス併用返済が利用される背景には、毎月の支払いを軽減して生活を楽にしたいという思いがあり、メリットを感じているので、利息で若干の損をしても受け入れられているのでしょう。

住宅ローンは比較が大切!

住宅を購入する際、紹介される提携ローンは購入者に不利な場合が多く、言われるがままに契約するのは非常にもったいないです。私も使った一括審査サービスをご紹介します。私は8大疾病保証もつけて最も低金利で組みました。

住宅ローン

私の住信SBIネット銀行住宅ローン契約体験記【生口コミ】

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ

  1. 住宅ローンを選ぶ前に考えること
  2. 住宅ローンの違いを知る
  3. 住宅ローンを借りるまでの計画
  4. 住宅ローン選びは慎重に
  5. 住宅ローン選びの実践