住宅ローンに火災保険が必要なワケ | 住宅ローンの選び方・組み方ガイド!

住宅ローンの選び方・組み方ガイド!

住宅ローンに火災保険が必要なワケ

火災保険は契約者のためだけではない

 ほとんどの住宅ローンでは、契約時に火災保険への加入を条件としており、金融機関が勧める火災保険に加入する必要はないですが、何らかの火災保険への加入が必要です。

住宅を持つ側(お金を借りる側)としては、万が一の火災で住む場所を失い、ローンが残るという最悪の事態を避けるためにも、火災保険なしでは不安で仕方がないでしょう。

借りる側の都合はわかりやすいですが、それだけなら金融機関が住宅ローンとセットにする意味が不明です。

建物が焼失してしまっても、貸したお金が失われることはないのですから、金融機関には火災保険は関係ないと思えるかもしれません。

しかし、金融機関は建物に抵当権(返済ができないときに差し押さえる返済保証のための権利)の設定を要求します。

抵当権が設定されていることを、一般には抵当に入っていると呼び、抵当に入っている建物が燃えてしまうと、金融機関は返済保証(担保)を失う事になってしまうのです。

したがって、貸す側にとっても火災保険は重要で、火事があっても担保が失われないように、火災保険を融資の条件にしています。

勧められた火災保険でなくても良い

 金融機関、不動産会社、ハウスメーカーなど、住宅ローンを取り扱っている業種では、火災保険についての取次ぎ業務(代理店業務)も行っており、大抵の場合は住宅ローンを申し込むと火災保険を勧められます。

住宅ローンがあまりにも金額の大きい契約になるため、火災保険については良く考えずに、勧められた商品を選びがちですが、火災保険は自分で自由に選んで構いません

火災保険を自分で選ぶからといって、住宅ローンの契約で不利にしてしまうのは、融資する側の優越的な地位(対する顧客は融資してもらわないと困る弱い立場)を、不当に利用した行為で法令に抵触します。

そのため、火災保険への加入が、住宅ローンの利用条件や取引へ影響を及ぼさないと、どの金融機関でもホームページ等で明言されています。

ただし、住宅ローン専用の火災保険は、住宅ローンを申し込んだ顧客だけを対象に用意されている商品もあって、一般の加入よりも割安の可能性はあります

窓口で十分に説明を受け、納得できる補償が得られるのなら、そのまま住宅ローンと一緒に申し込んでも良いですし、自分で何社も検討したいのなら、その旨を担当者に伝えるだけで引き下がるはずです。

しつこく火災保険を勧誘されるなら、抗議するべき対象でもあり、ましてや代理店であって、保険契約は別途保険会社と締結するのですから、保険加入を断ることで、住宅ローンの本契約に何の影響もあってはいけません。

住宅ローンは比較が大切!

住宅を購入する際、紹介される提携ローンは購入者に不利な場合が多く、言われるがままに契約するのは非常にもったいないです。私も使った一括審査サービスをご紹介します。私は8大疾病保証もつけて最も低金利で組みました。

住宅ローン

私の住信SBIネット銀行住宅ローン契約体験記【生口コミ】

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ

  1. 住宅ローンを選ぶ前に考えること
  2. 住宅ローンの違いを知る
  3. 住宅ローンを借りるまでの計画
  4. 住宅ローン選びは慎重に
  5. 住宅ローン選びの実践