住宅ローンの火災保険と保険対象 | 住宅ローンの選び方・組み方ガイド!

住宅ローンの選び方・組み方ガイド!

住宅ローンの火災保険と保険対象

火災補償だけが火災保険ではない

 名称は火災保険でも、火災だけを保険対象にしている商品はなく、多方面での補償を可能にした、総合保険タイプの火災保険が主流です。

総合保険タイプでは、火災以外にも、落雷・爆発、台風・風雪被害などの自然災害(地震・噴火や津波を除く)の他、落下物・飛来物による損害、水漏れ、盗難などの多くの損害に備えることが可能になっています。

どのような損害を保険対象にするのかは、加入者が選択できるようになっており、必要な損害だけに備え、補償範囲を広くしたり、逆に補償範囲を狭くして保険料を抑えたりできる仕組みです。

このような保険が主流になった背景には、非日常的な火災リスクよりも、自然の猛威によるリスクや、物騒な世の中での人的損害リスクの方が高いという、実情に伴ったニーズに応える保険商品が売れるようになったからです。

歴史的な震災を幾度か体験した現代では、地震や津波に対する補償も含めたいところですが、地震や津波での損害、地震に伴う火災での損害は火災保険で補償されず、別途地震保険(ただし火災保険とセット)に加入しなくてはなりません。

また、特約についても総合保険では充実がみられ、火災によって発生する二次的な費用、例えば仮住まい費用や、近隣に対しての見舞金といった費用も補償するタイプがあります。

補償内容の充実は保険料の高さ

 保険商品全般に言える事ですが、補償内容と保険料は関連性があり、広い視野で見ると、保険料が高い保険ほど、補償内容が充実していきます。

補償内容には、補償対象だけではなく保険金の額も含まれるので、多くの補償対象を持つ保険で、保険料が安いとしたら、可能性としては保険金額(補償額)が低い商品です。

しかし、保険商品の多様化と自由化競争は、同時に商品の格差をも生み出し、同等の補償内容で保険料が異なるという、消費者にとって選択肢がある状況にもなっています。

火災保険は、比較的見直し効果が高い保険として、既に認知されており、その理由は、多くの人が火災保険について詳しく知らないまま加入してしまうからです。

火災保険は、ついつい見過ごされやすいので、無駄に保険料を支払っていないか、必ず確認してみましょう

もう1つ、火災保険の特徴として、損害以上の保険金が支払われない保険であるという点を忘れてはなりません。

新築で3,000万円の家に、(可能であるかどうかは別として)5,000万円の保険を掛けても、火災が起きて全焼すれば、支払われるのは3,000万円です。

つまり、家の価値に見合わない高額な保険料は、無駄(悪意が無ければ返還請求はできる)になるだけなので、家の価値を正しく査定した保険金額の設定が必要になります。

住宅ローンは比較が大切!

住宅を購入する際、紹介される提携ローンは購入者に不利な場合が多く、言われるがままに契約するのは非常にもったいないです。私も使った一括審査サービスをご紹介します。私は8大疾病保証もつけて最も低金利で組みました。

住宅ローン

私の住信SBIネット銀行住宅ローン契約体験記【生口コミ】

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ

  1. 住宅ローンを選ぶ前に考えること
  2. 住宅ローンの違いを知る
  3. 住宅ローンを借りるまでの計画
  4. 住宅ローン選びは慎重に
  5. 住宅ローン選びの実践