失火と損害賠償 | 住宅ローンの選び方・組み方ガイド!

住宅ローンの選び方・組み方ガイド!

失火と損害賠償

意外と知られていない失火責任

 火災というのは、自動車事故と同じように、自分がいくら注意して起こさないように気を付けていても、不幸にも遭遇してしまうものです。

近隣の誰かが火災を起こし、自分の家へ燃え移ったとすると、火事を起こした当事者に対し、自分の家の損害賠償を請求できません(できる場合もあります)。

「そんなバカな話は無い」、「どう考えても許されない」などの声が聞こえてきそうですが、残念ながら法律上は、失火(故意ではなく過失から起こした火災)への損害賠償責任を問えないことになっています。

ただし、道義的な考えと良心があれば、火事を起こした当事者が費用を負担して、被害のあった家の修繕をしますし、それ以外にも、見舞金(迷惑料、慰謝料)や仮住まいの費用負担はあるでしょう。

失火責任法と民法

 失火に対する責任は、「失火ノ責任ニ関スル法律」という、明治に制定された法律で規定されており、通称で失火責任法(失火法)と呼ばれます。

失火責任法は、たった1行の短い法律で、その内容を簡単にすると、「民法709条の規定は失火の場合に適用しない。但し失火者に重大な過失があるときはこの限りではない。」となっています。

そして民法709条では、故意または過失による損害賠償を規定しているので、当てはめて失火責任法を解釈すると、次の2つであることがわかります。

  • 失火の場合は損害賠償責任を負わない
  • 失火でも重大な過失があれば損害賠償責任を負う

この法律がある限り、他人の失火による「もらい火」では、ほとんどの場合で自分の家の損害賠償を請求できません

重大な過失とはどの程度か

 失火責任法で規定されているように、失火者に重大な過失があれば、損害賠償責任を負う事になっています。

過失とは不注意のことですから、不注意に重いも軽いも無いように思えますが、重大な過失と判断されるには、火災の危険性を知りながら、簡単な注意を怠り出火させてしまった場合が該当します。

例えば、明らかに火元があると危険な環境(引火しやすい物質があって乾燥している等)で、火のついたタバコをポイ捨てしたり、火を消さずに石油ストーブへ給油したり、油の入った鍋を火に掛けて長時間コンロを離れたりと、常識的にそのままでは火事になるおそれがあると認識する状況です。

逆に言うと、こうした状況下であると証明できなければ、重大な過失があっても損害賠償責任を問えないことになり、被害者にとってはかなり不都合な状況です。

結果的として、自分が原因の火災も、他人が原因の火災も、全て自分の火災保険でカバーするしかないのです。

火災なんて起こるはずが無いと思っていても、法律を知ってしまうと、火災保険がどれだけ重要であるか、改めて認識するでしょう。

住宅ローンは比較が大切!

住宅を購入する際、紹介される提携ローンは購入者に不利な場合が多く、言われるがままに契約するのは非常にもったいないです。私も使った一括審査サービスをご紹介します。私は8大疾病保証もつけて最も低金利で組みました。

住宅ローン

私の住信SBIネット銀行住宅ローン契約体験記【生口コミ】

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ

  1. 住宅ローンを選ぶ前に考えること
  2. 住宅ローンの違いを知る
  3. 住宅ローンを借りるまでの計画
  4. 住宅ローン選びは慎重に
  5. 住宅ローン選びの実践