マンションと住宅ローンの火災保険 | 住宅ローンの選び方・組み方ガイド!

住宅ローンの選び方・組み方ガイド!

マンションと住宅ローンの火災保険

マンションでも火災保険は必要

 マンションでも、それぞれの部屋は独立した所有物に該当するので、個々の居住者が火災保険に加入しなければなりません

いくらマンションが耐火性能に優れていても、一度出火すれば、自分の部屋だけではなく、上下左右の部屋への被害は避けられないからです。

マンションを住宅ローンで購入するとき、住宅ローンの契約時に、金融機関が火災保険を勧めてくるのは戸建でも同じですが、マンションの売主であるデベロッパーからも、売買契約の際に火災保険を勧められます。

どちらから勧められても加入する必要はなく、自分で保険会社と火災保険を選んで加入することには何の制約もありません。

また、マンションの火災保険は、戸建の火災保険と同じに考える必要はなく、勧められた火災保険には、マンションに余計な補償が付いている可能性があるため、加入するとしても補償内容を精査しましょう。

共用部分は管理組合に確認

 マンションのように、多くの居住者が集まる形態の共同住宅では、管理組合という組織が存在し、居住者は管理組合員となり、管理費を負担して管理組合を運営しています。

そして、戸建とマンションの決定的な違いは、居住者全員で使用する共用部分と、居住者個人が独占して使用する専有部分がある点で、火災保険においても、共有部分と専有部分を意識する必要があります。

共用部分とは、エントランスホールやエレベーター、廊下、集会室などで、火災保険は管理組合で加入するのが普通です。

しかし、全ての分譲マンションで同じであるとは限らないため、マンションの火災保険に加入する際は、必ず共用部分について確認しましょう。

考えにくいですが、もし管理組合で共用部分全体の火災保険に加入していない場合は、個人で共用部分を含めた火災保険に加入します。

その際は、共用部分全体に対し、専有部分の面積に応じた割合(持分割合)を保険対象とした火災保険になります。

専有部分の火災保険は必須

 共用部分の火災保険は管理組合次第ですが、居住者の専有部分である、部屋の内部に対する火災保険は、必ず加入しなくてはなりません。

専有部分の火災保険は、専有部分の評価額に応じて保険金額も決まり、管理規約等での専有部分の規定方法に影響を受けます。

専有部分の規定で主流になっているのは、壁(場合によって窓も含む)、天井、床を含まない上塗基準(もしくは内法基準)と呼ばれる方法です。

上塗基準では、壁や天井などの躯体(建物の構造部)を含まないので、必然的に建築費としての評価も下がって、保険料が安くなります。

ちなみに、玄関のドアは共用部分に該当しますが、ドアの外側は共用部分、ドアの内側は専有部分として扱われ、ドアの内側に損害があれば、居住者の負担で塗装などの修復が必要です。

住宅ローンは比較が大切!

住宅を購入する際、紹介される提携ローンは購入者に不利な場合が多く、言われるがままに契約するのは非常にもったいないです。私も使った一括審査サービスをご紹介します。私は8大疾病保証もつけて最も低金利で組みました。

住宅ローン

私の住信SBIネット銀行住宅ローン契約体験記【生口コミ】

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ

  1. 住宅ローンを選ぶ前に考えること
  2. 住宅ローンの違いを知る
  3. 住宅ローンを借りるまでの計画
  4. 住宅ローン選びは慎重に
  5. 住宅ローン選びの実践