火災保険と構造級別 | 住宅ローンの選び方・組み方ガイド!

住宅ローンの選び方・組み方ガイド!

火災保険と構造級別

構造級別とは火災に対するリスクの違い

 火災保険料を決める1つの基準として、建物の構造級別という区分が使用され、構造級別は耐火性能(燃えにくさ)で分けられています

建物の構造には、大きく分けると木造、鉄骨造、コンクリート造の3つがあり、木造でも耐火性能は異なりますし、鉄骨造は鉄骨の太さ(重量)での違い、コンクリート造では鉄筋コンクリート造の他にも、鉄骨が入った鉄筋鉄骨コンクリート造という種類があります。

これらの構造の違いによって、火災保険料は定められ、燃えやすいほど焼失リスクが高いので保険料は高く、燃えにくいほど焼失リスクは低く保険料も安くなります。

火災の発生頻度は予測できるものではないため、いざ火災が起こったときに、どのくらい燃えやすいかを基準にして保険料を決めているのです。

構造級別の具体的な区分

 構造級別は住宅物件と一般物件(店舗など)に分かれており、住宅物件はM構造、T構造、H構造の3種類、一般物件は1級、2級、3級の3種類です。

M構造、T構造、H構造の順に保険料が高く(構造上燃えやすく)なり、同じように1級、2級、3級の順で保険料が高くなります。

住宅物件においてのM構造は、最も燃えにくいコンクリート造の共同住宅(マンション)が該当し、コンクリート造以外にも、コンクリートブロック造り、レンガ造り、石造りといった、耐火性能が高く法令で耐火建築物に指定される共同住宅です。

T構造でも、同じくコンクリート造、耐火建築物を含みますが、T構造の場合には戸建住宅になり、鉄骨造、木造で法令上の準耐火建築物住宅金融支援機構の基準に適合した省令準耐火建物も該当します。

H構造は、M構造とT構造以外の住宅(一般には木造住宅)が該当し、必然的に燃えやすく保険料が高くなるという結果になります。

火災保険に加入する際、建物の耐火性能を証明するための書類を求められますが、耐火建築物と準耐火建築物については、建築確認申請書(建物を建築するとき行政に必ず提出する書類)で確認できます。

省令準耐火建物については、設計・施工仕様書や、施工業者やハウスメーカーなどから証明書をもらって証明します。

木造だからH構造とは限らない

 木造=燃えやすいというイメージから、十分に建物を精査せず、H構造の最も高い保険料率で火災保険に加入している人も多いようです。

しかし、木造でも準耐火建築物や、省令準耐火建物に該当すれば、T構造になって保険料を大幅に節約できるので注意が必要です。

省令準耐火建物の代表例が、ツーバイフォー(2×4)工法による木造住宅で、全てのツーバイフォー住宅が、省令準耐火建物であるとは限りませんが、可能性は高いので必ず施工業者等に確認してみましょう。

住宅ローンは比較が大切!

住宅を購入する際、紹介される提携ローンは購入者に不利な場合が多く、言われるがままに契約するのは非常にもったいないです。私も使った一括審査サービスをご紹介します。私は8大疾病保証もつけて最も低金利で組みました。

住宅ローン

私の住信SBIネット銀行住宅ローン契約体験記【生口コミ】

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ

  1. 住宅ローンを選ぶ前に考えること
  2. 住宅ローンの違いを知る
  3. 住宅ローンを借りるまでの計画
  4. 住宅ローン選びは慎重に
  5. 住宅ローン選びの実践