損害保険金と費用保険金 | 住宅ローンの選び方・組み方ガイド!

住宅ローンの選び方・組み方ガイド!

損害保険金と費用保険金

火災保険の補償には2種類ある

 火災やその他の損害に備えるための火災保険は、損害の対象物(建物・家財)に保険を掛けるものですが、損害を受けたときには、損害の対価を得るだけでは足りず、他にも様々な費用負担を余儀なくされます。

1つの例としては、出火時に身近な消火器を使っていれば、新たに消火器を買い直さなければならず、消火後にがれきや燃えかすなどのゴミ処理も必要になるでしょう。

また、近所に迷惑を掛けているなら、見舞金を支払うものですし、消火に協力してもらっていれば、お礼の気持ちとして謝礼金を支払うケースもあるでしょう。

建物や家財の直接的な損害は、損害保険金という名目で保険会社から支払われるとしても、実質的な損害は、損害保険金以上に発生しているのが通常です。

そのため、実際の損害に伴って発生する費用についても、費用保険金として保険の対象とし、損害に伴う費用全体をカバーする保険が用意されるようになりました。

損害に対する損害保険金

 損害保険金が支払われる対象は、保険を掛けた建物や家財が、次のような損害を受けた場合で、どのような損害が対象とするかは、保険によって異なります。

  • 火災、落雷、爆発、破裂
  • 風災、雹(ひょう)災、雪災
  • 水災(制限付きが多い)
  • 物体の落下や飛来、車両や積載物の衝突など
  • 騒擾(そうじょう、集団による暴力や破壊行為)、類似の損害
  • 盗難(盗難による破損等を含む)
  • 水濡れ(水災に属さない漏水等)
  • 破損、汚損(過失による事故を含む)

ほとんどの損害に備えているので、これだけあれば大丈夫と思っていても、地震、噴火、津波だけは別扱いで、火災保険ではなく地震保険に加入する必要があります。

副次的な費用を補償する費用保険金

 費用保険金の多くはオプション(もしくは特約)で、加入者が任意で選択することにより、保険料補償内容のバランスを取っていきます。

現在では、各保険会社が補償内容に特色を出して販売しているため、以下は一般的な費用保険金で支払われる対象です。

  • 損害保険金が支払われる際の臨時費用
  • 損害の拡大防止や軽減のために要した費用
  • 残存物を撤去するために要した費用
  • 近隣への見舞金
  • 地震火災に対する保険金(地震火災とは別で一定率の支払い)
  • 仮住まいや仮修理の費用

「損害保険金が支払われる際の臨時費用」では、特に補償対象を定めておらず、損害保険金が支払われるような損害を受ければ、損害保険金に加えて支払われる(保険金額の一定率、上限あり)ため、補償を手厚くしたいときに選択する費用保険金です。

同様に、保険によっては、一部の費用保険金を自動付帯にすることで、損害保険金に加えて、各種の費用保険金も受け取れるようになっています。

住宅ローンは比較が大切!

住宅を購入する際、紹介される提携ローンは購入者に不利な場合が多く、言われるがままに契約するのは非常にもったいないです。私も使った一括審査サービスをご紹介します。私は8大疾病保証もつけて最も低金利で組みました。

住宅ローン

私の住信SBIネット銀行住宅ローン契約体験記【生口コミ】

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ

  1. 住宅ローンを選ぶ前に考えること
  2. 住宅ローンの違いを知る
  3. 住宅ローンを借りるまでの計画
  4. 住宅ローン選びは慎重に
  5. 住宅ローン選びの実践