住宅ローンの借り換えと金利タイプ | 住宅ローンの選び方・組み方ガイド!

住宅ローンの選び方・組み方ガイド!

住宅ローンの借り換えと金利タイプ

借り換え後の金利タイプは重要

 借り換えというのは、本来必要のない諸費用負担をしてでも、別の金融機関に乗り換えて、返済計画を見直すための方法なので、借り換え後の金利タイプは非常に重要です。

初回の契約時とは違い、さらに諸費用負担をして再度の借り換えというのは難しいため、十分に試算をしてから行うようにしましょう。

借り換え後の金利タイプは、そのままその後の返済計画を表しており、固定金利型なら金利変動への対策、固定金利選択型なら固定期間終了時まで一旦計画を留保、変動金利型なら即効的な借り換え効果という特徴があります。

中でも、最も金利が高くなる固定金利型と、最も低くなる変動金利型への借り換えは、対極にあるだけに評価は難しく、その人の考え方次第で良くも悪くもなります。

固定金利型への借り換え

 固定金利型に借り換えるとしたら、低金利が続いている現在が最良のタイミングで、これ以上の低金利は考えにくいことから、今後変動金利が上昇していく前提なら、間違いなく得をするのは固定金利型です。

ただし、変動金利が今後も上がらなければ、損も大きいのが固定金利型ですし、固定期間選択型を利用して元金を減らし、変動金利に切り替わるタイミングで、再度金利タイプを考えるという方法が使えなくなってしまいます。

その代わり、将来も金利が固定という安心感は、他の金利タイプでは得られないので、いつかは固定金利型だと思っているなら、今しかないという考えで借り換えることになるでしょう。

変動金利型への借り換え

 変動金利型への借り換えは、低い金利による総支払額の削減と、毎月の返済額の削減効果をすぐに受けられる点が魅力で、優遇金利の差を利用した、変動金利型から変動金利型への借り換えも行われています。

しかし、変動金利型への借り換えというのは、とにかく今を低い金利にしたいという希望は叶えられても、根本的な金利対策にはなっておらず、不安は付きまといます。

意外に思えるかもしれませんが、返済に余裕の無い人が、返済を楽にしたいからと低金利の変動金利型を選ぶのは、かなり危険な選択肢だと言わざるを得ません。

むしろ返済に余裕が無い人ほど、返済額が変わらない固定金利型を選ぶべきで、変動金利型で金利が上がったら、返済できなくなって他の手段も無いのは明らかだからです。

変動金利型への借り換えは、将来金利が上昇せずに完済できれば、最も少ない総支払額を実現できるので、金利が上昇しても返済に耐えられる、余裕のある家計での選択肢になります。

住宅ローンは比較が大切!

住宅を購入する際、紹介される提携ローンは購入者に不利な場合が多く、言われるがままに契約するのは非常にもったいないです。私も使った一括審査サービスをご紹介します。私は8大疾病保証もつけて最も低金利で組みました。

住宅ローン

私の住信SBIネット銀行住宅ローン契約体験記【生口コミ】

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ

  1. 住宅ローンを選ぶ前に考えること
  2. 住宅ローンの違いを知る
  3. 住宅ローンを借りるまでの計画
  4. 住宅ローン選びは慎重に
  5. 住宅ローン選びの実践