借り換えた方が良いケース | 住宅ローンの選び方・組み方ガイド!

住宅ローンの選び方・組み方ガイド!

借り換えた方が良いケース

大原則は総支払額の削減

 住宅ローンを借り換える目的は人それぞれでも、あえて損をする方向で動く人は少ないことから、借り換えの大原則は、総支払額の削減額が借り換え費用を上回ることです。

理想的なケースを想定すると、借り換え先の金利が現在よりも明らかに低く、諸費用込みで借り換えても、総支払額が減るのであれば、間違いなく借り換えするべきでしょう。

諸費用の持ち出しがないので家計を圧迫せず、総支払額が減って月々の返済額も減るという成功例です。

特に、金利が高いときに固定金利で借りているなら、同じ固定金利でも金利が下がっていますし、現在の非常に低い変動金利が続けば、変動金利でかなりの削減額を見込めます。

また、固定金利以外でも、金融機関で優遇金利の差が大きくなっている現状では、長期間の優遇金利が設定された商品に借り換える方法も考えられます。

いずれにしても、経済効果を見込める状況なら、動けるうちに動くのが借り換えの鉄則で、満を持して成功するとは限らないのも借り換えです。

金利上昇リスクの回避という方法もある

 借り換えの目的は1つではなく、借り換えた結果、総支払額が増えるにもかかわらず、変動金利から固定金利へ借り換える方法もあります。

この場合は、利息負担を増やすことになりますが、変動金利が抱える金利上昇のリスクを回避し、現在の低い固定金利水準を利用して安心感を得る考え方です。

将来において、家計費の増加が予想されるなら、金利上昇による負担増と両方は抱えきれないので、今から先手を打って計算しやすい固定金利に借り換えておきます。

もし、本当に変動金利が上昇し、現在の固定金利水準を上回れば、変動金利との利息負担が逆転するので、結果的に利息軽減にも繋がってベストの結果を得られます。

すぐに変動金利が大きく上がるほど、日本経済に明るい兆しは見えないですが、変動金利が不安なら固定金利へ借り換えた方が良いでしょう。

損得とリスク回避は同じ次元で考えない

 低金利時代が続くと予測されていても、変動金利よりも確実に金利が高い固定金利に借り換えることには、何かメリットがあるのでしょうか?

固定金利へ借り換えることのメリットは、金利上昇の心配がない点であることは言うまでもなく、将来が不明瞭な金利上昇というリスクに対しての保険です。

保険というと、一般に生命保険や損害保険で代表されるように、不測の事態に対する備えとして存在し、元々損得を考えて加入していないはずです。

生命保険ならともかく、損害保険では貯蓄型(積立型)を除くと掛け捨てが主流で、誰もが保険を使わない(事故や火災を起こさない、病気や怪我をしない)ことを最良とします。

つまり、保険においては、損を承知でリスク回避するのが普通なのですから、損得とリスク回避を同じ次元で考えることは、全く意味がないと皆わかっているはずなのです。

固定金利への借り換えも同じ論理で、損をするかもしれませんが、住宅ローンの金利上昇を回避できるという、保険の考えに基づいています。

ですから、常に金銭的な得をする前提で借り換えを考えるのではなく、将来に起こり得るリスクまで想定して、借り換えを検討するべきでしょう。

住宅ローンは比較が大切!

住宅を購入する際、紹介される提携ローンは購入者に不利な場合が多く、言われるがままに契約するのは非常にもったいないです。私も使った一括審査サービスをご紹介します。私は8大疾病保証もつけて最も低金利で組みました。

住宅ローン

私の住信SBIネット銀行住宅ローン契約体験記【生口コミ】

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ

  1. 住宅ローンを選ぶ前に考えること
  2. 住宅ローンの違いを知る
  3. 住宅ローンを借りるまでの計画
  4. 住宅ローン選びは慎重に
  5. 住宅ローン選びの実践