住宅ローン減税とは | 住宅ローンの選び方・組み方ガイド!

住宅ローンの選び方・組み方ガイド!

住宅ローン減税とは

住宅ローンの負担を軽減する住宅ローン減税

 非常に高額な住宅という買い物は、多くの人にとってローンを利用しなくてはならず、返済が生活していく上での大きな負担となります。

しかし、国民にとって衣食住の住にあたる住宅は必要不可欠であることから、住宅ローンの負担者には、政策として軽減措置を適用させようと住宅ローン減税は始まりました。

将来変わる可能性もありますが、現在の住宅ローン減税は、住宅ローンの残高に応じて、所得税または住民税を減税(正確には減税ではなく控除)するものです。

また、消費税の導入以後、税率が固定である消費税が、住宅への購買意欲を低下させ、消費活動全体に与える影響も大きいことから、一旦縮小された住宅ローン減税は、再度拡充される傾向にあります。

住宅ローン減税があるのと無いのとでは、年間における税負担がかなり変わるため、ぜひとも住宅ローン減税を最大限に利用して、賢く節税しましょう。

原則的には残高の1%が減税される

 住宅ローン減税は、その年の住宅ローン残高の1%を、住宅ローン名義者の所得税や住民税から差し引く制度で、10年間継続されます。

例えば、住宅ローンを借りた最初の年末において、3,000万円の残高があれば30万円、次の年に2,900万円の残高があれば29万円といった具合です。

10年間で完済するようなケースでは、最後の数年は大きな額になりませんが、住宅ローンは1,000万円以上の借り入れになることが多く、残高によっては、住宅ローン減税によって数百万円も得をします。

減税されるのは税負担まで

 住宅ローン減税では、最大で40万円(消費税が8%になってから契約された住宅のみ、それ以前は20万円)まで減税されるので、1年で受けられる減税としては非常に大きい額です。

しかし、住宅ローン減税で所得税や住民税が軽減されるのは、実際に支払い義務がある税額を上限とし、それ以上に減税を受けることはありません。

つまり、減税の対象額が30万円でも、実際の所得税や住民税が20万円なら、20万円しか減税されず、残りの10万円は切り捨てられてしまいます。

ですから、住宅ローン減税を最大限に利用しようと思ったら、まずは自分がどのくらい税金を支払っていて、いくらの物件を購入・建築すると、住宅ローン減税が生かされるのか把握していなくてはならないということです。

実際には、物件を探しているとき、または建築する家を計画しているときに、住宅ローン減税まで考えて決める人は少ないですが、制度を理解している人は、こうした点も抜け目なく考えています。

まだ手に入れる住宅を決めていないのなら、少しでも住宅ローンの負担を減らすために、住宅ローン減税を考慮した物件選びも悪くはないでしょう。

住宅ローンは比較が大切!

住宅を購入する際、紹介される提携ローンは購入者に不利な場合が多く、言われるがままに契約するのは非常にもったいないです。私も使った一括審査サービスをご紹介します。私は8大疾病保証もつけて最も低金利で組みました。

住宅ローン

私の住信SBIネット銀行住宅ローン契約体験記【生口コミ】

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ

  1. 住宅ローンを選ぶ前に考えること
  2. 住宅ローンの違いを知る
  3. 住宅ローンを借りるまでの計画
  4. 住宅ローン選びは慎重に
  5. 住宅ローン選びの実践