住宅ローン減税の条件 | 住宅ローンの選び方・組み方ガイド!

住宅ローンの選び方・組み方ガイド!

住宅ローン減税の条件

全ての人が対象にはならない

 住宅ローン減税は、住宅ローンを借りた全ての人を対象にはしておらず、適用されるには次のような一定の条件をクリアしている場合だけになります。

  • 住宅の床面積が50u以上
  • 住宅ローンの借入期間(償還期間)が10年以上
  • 所得が年間3,000万円を超えていない
  • 取得から6ヶ月以内に住み12月31日まで住んでいる
  • 耐震基準を満たしていること

他にも細かい条件はありますが、概ねこのような条件になっており、減税額がとても大きいので、住宅ローンを契約する前に必ず確認しておく必要があります。

所得(3,000万円以内)や入居(取得から6ヶ月以内)は容易にクリアできますが、他の条件には注意するべき条件が多くあるので気を付けましょう。

住宅ローン減税を踏まえた物件選びを

 住宅ローン減税の条件の1つに、50u以上の床面積という条件があり、何でもない条件に思えますが、意外な落とし穴もあります。

それはマンションの場合で、50u以上とは、登記上(法務局に記録されている登記簿上)の床面積という限定条件が付いている点です。

マンションの場合、パンフレットなどの広告に記載されている床面積と、登記上の面積は異なり、広告の方が広くなっています(全てではありません)。

これは、床面積をごまかして広くしているのではなく、分譲マンションでは完成前から募集するため、正確な完成後の床面積を計測できず、壁の中心からの面積になるからです。

したがって、マンションで50uを僅かに超える程度の面積では、登記上の面積が50uを下回る可能性があると覚えておきましょう。

また、耐震基準については、中古住宅に適用され、耐火建築物(マンション等の耐火性能が高い建物)なら築25年まで、それ以外の建物は築20年という制限があり、もっと古い場合は、耐震基準に適合していることを証明できれば適用されます。

住宅ローンはなるべく10年以上で契約

 住宅ローン減税は10年以上の借入期間を条件にしているので、10年を切る住宅ローン契約を考えているのなら、10年にして減税を受けた方が得をするケースもあります。

例えば、中古住宅の購入で1,000万円を借りるとして、9年で返済する場合と、10年で返済する場合を考えてみましょう。1,000万円を年利3%で借りると、9年返済と10年返済では次のように違います。

  • 9年返済:総支払額は約11,420,000円
  • 10年返済:総支払額は約11,590,000円

借入期間を10年にすることで、総支払額は17万円増えていますが、9年返済では住宅ローン減税を受けられないのに対し、10年返済では受けられます。

10年返済では、毎年約116万円ずつ返済で、最初の年でも1,000万円以上の残高があるため10万円強の減税を受けられ、次の年は9万円強の減税になり、既に19万円の減税です。

3年目以降も考えると、明らかに10年返済にした方が得になる上に、10年返済にすることで毎月の返済負担も減るというオマケ付きです。

このようなケースは少ないかもしれませんが、10年未満の返済を考えているときは、住宅ローン減税を利用したときの試算もしておきましょう。

住宅ローンは比較が大切!

住宅を購入する際、紹介される提携ローンは購入者に不利な場合が多く、言われるがままに契約するのは非常にもったいないです。私も使った一括審査サービスをご紹介します。私は8大疾病保証もつけて最も低金利で組みました。

住宅ローン

私の住信SBIネット銀行住宅ローン契約体験記【生口コミ】

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ

  1. 住宅ローンを選ぶ前に考えること
  2. 住宅ローンの違いを知る
  3. 住宅ローンを借りるまでの計画
  4. 住宅ローン選びは慎重に
  5. 住宅ローン選びの実践