短期固定金利は危険

住宅ローンの選び方・組み方ガイド!

短期固定金利は危険

固定金利選択型のメリット・デメリット

 短期固定金利(固定金利選択型)というのは、2年、3年、5年、10年などの固定期間が選べ、選択した期間は金利が固定されます。固定期間が長いほど金利が高くなります。

例えば、固定期間5年を選択したら、5年間は金利が変わりません。5年の固定期間が終わると、残りを固定金利にするか、変動金利にするか、その時の金利状況に応じて、自由に選択することができます。

 固定金利選択型のメリット・デメリットは次のようなものです。

メリット

  • 固定期間終了後、金利状況に応じて、固定金利か変動金利か選べる
  • 当初の金利が低いことが多いので、長期固定金利型よりも借入額が多くなる
  • 期間終了後、金利が下がれば返済額が少なくなります。

デメリット

  • 期間終了後、金利が上昇すると返済額が増えます。
  • 期間終了後の返済計画が立てづらい。

 現在の日本の住宅ローンの金利は、超低金利ですから、これから金利が上がることはあっても、これ以上下がることは非常に考えづらい状況です。

ですので、もし今5年固定で組んだとしても、5年後には今よりは金利が上がっているはずなので、その時点で変動を選べば、高い金利を支払うことになりますし、固定を選んだとしても、金利が高くなっているので、最初から長期固定金利型にしておいた方が、金利が安かったということになるのです...。

短期固定金利(固定金利選択型)って危険でしょ?

まとめると、固定金利選択型では、金利上昇が続くと、初めから長期の固定金利にしておいた方が有利な結果になり、金利下降が続くと、初めから変動金利にしておいた方が有利な結果になるということです。

住宅ローンは比較が大切!

住宅を購入する際、紹介される提携ローンは購入者に不利な場合が多く、言われるがままに契約するのは非常にもったいないです。私も使った一括審査サービスをご紹介します。私は8大疾病保証もつけて最も低金利で組みました。

住宅ローン

私の住信SBIネット銀行住宅ローン契約体験記【生口コミ】

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ

  1. 住宅ローンを選ぶ前に考えること
  2. 住宅ローンの違いを知る
  3. 住宅ローンを借りるまでの計画
  4. 住宅ローン選びは慎重に
  5. 住宅ローン選びの実践