住宅ローンの補助金制度

住宅ローンの選び方・組み方ガイド!

住宅ローンの補助金制度

自治体住宅融資

 あまり知られていないのですが、皆様が住んでいるところ、又は勤務先の地方自治体(都道府県、市区町村)から、住宅融資を受けられる場合があります。

 自治体住宅融資は、自治体ごとの地域政策や住宅政策が反映されるものとなっており、バリアフリー化や高耐久住宅、耐火住宅・耐震住宅・地域の木材を使った住宅などに、融資を行います。

内容は自治体によって違いますが、融資の方法によって、以下の3つのタイプにわけられます。

直接融資
自治体が直接融資をします。(数はあまり多くはありません。)

預託(間接融資)
自治体が特定の金融機関を紹介、斡旋する形で住民に有利な融資を受けられるようにします。

利子補給
自治体が、所定の金融機関からの住宅ローンの金利の一部を、一定期間補助してくれます。(補給率は1%程度が多い。)

 住宅融資を行う自治体によって、条件や内容は異なり、実施していないところも多くあります。

しかし、自治体によっては、数十万円現金支給してくれたり、かなりお得に住宅ローンを借りることができたりするので、ダメもとで一度、皆さんが住んでいるところや勤務先の自治体に、「住宅を購入するんですが、自治体の住宅融資ってあるんですか?」と、一度問い合わせてみるとよいでしょう!

 自治体の住宅融資は、基本的におおっぴらに宣伝していないことが多く、待っていても情報は住民の耳に入ってきません...(^^;)

住宅ローンは比較が大切!

住宅を購入する際、紹介される提携ローンは購入者に不利な場合が多く、言われるがままに契約するのは非常にもったいないです。私も使った一括審査サービスをご紹介します。私は8大疾病保証もつけて最も低金利で組みました。

住宅ローン

私の住信SBIネット銀行住宅ローン契約体験記【生口コミ】

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ

  1. 住宅ローンを選ぶ前に考えること
  2. 住宅ローンの違いを知る
  3. 住宅ローンを借りるまでの計画
  4. 住宅ローン選びは慎重に
  5. 住宅ローン選びの実践