住宅ローンの借り換え

住宅ローンの選び方・組み方ガイド!

住宅ローンの借り換え

ローンの借り換えで、数百万円得をすることも...。

住宅ローン組み方 住宅ローンは数十年かけて返済していくものですから、中には金利が高い時に組んだので、毎月の利息が高いなと感じている方もいらっしゃると思います。そのような場合、住宅ローン借り換えをすると、かなりお得になる可能性があります。

 住宅ローンの借り換えというのは、返済中のローン残高を新しく組むローンですべて返済して、今後は新しく組んだローンを返済していくということです。

過去に金利が高い時期に住宅ローンを組んだ人が、低金利の今借り換えをする場合や、変動金利や固定期間選択型を選んだ人が、長期固定にして、返済を安定させるといったケースがあります。

 さて、この借り換えで1番重要なのが、新しく住宅ローンを組んだ方が、本当にお得になるのかということです。

借り換えをする場合は、金融機関で詳しくシュミレーションして比較してくれるので、それが1番わかりやすいのですが、一般的な借り換えでお得になる目安があります。

借り換え

 まず借り換えをする場合、ローン残高が1000万円以上あることが目安になります。
残っているローン残高が多いほど、利息がお得になった場合、効果が大きいためです。逆にいうと、ローン残高がこれ以上少なければ、借り換えのメリットは少なくなります。

 次に、借り換え後の金利が1%以上低いことが目安になります。
借り換え後の金利との差が1%未満の場合、借り換えのメリットは薄くなります。ただし、返済期間が長く残っている場合は、金利差が1%未満でも、検討の余地はあります。

 次に、返済期間が10年以上残っていることが目安になります。
返済期間が短いと、金利が低くなった効果がでる前に、返済が終わってしまう場合があります。借り換えの諸費用なども考えると、損をすることもあります。

 最後に、借り換えの諸費用も考えるということです。
借り換えをする場合、新しく新規で住宅ローンを組むわけですから、また新たに諸費用がかかってきます。

諸費用には、ローン保証料や登記費用、抵当権設定費用、各手数料などが含まれますが、だいたい20万〜50万円程度はかかると想定しておきましょう!


 以上のような条件を満たせば、借り換えをした方が、毎月返済額や総返済額の利息がお得になる可能性が高くなります。

住宅ローンの金利と利息でもご紹介しておりますが、金利はたった1%の違いでも、毎月返済額が1万円減ったり、総返済額が200万〜500万円減ったりしますので、もし借り換えの方がお得かな?と思ったら、まずは金融機関に相談して、比較してもらいましょう!

住宅ローンは比較が大切!

住宅を購入する際、紹介される提携ローンは購入者に不利な場合が多く、言われるがままに契約するのは非常にもったいないです。私も使った一括審査サービスをご紹介します。私は8大疾病保証もつけて最も低金利で組みました。

住宅ローン

私の住信SBIネット銀行住宅ローン契約体験記【生口コミ】

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ

  1. 住宅ローンを選ぶ前に考えること
  2. 住宅ローンの違いを知る
  3. 住宅ローンを借りるまでの計画
  4. 住宅ローン選びは慎重に
  5. 住宅ローン選びの実践