不動産会社の提携ローン

住宅ローンの選び方・組み方ガイド!

不動産会社の提携ローン

提携ローンのメリット・デメリット

 不動産会社によって、特定の金融機関と提携している場合があります。その金融機関の住宅ローンを、提携ローンと言いますが、基本的に不動産会社は、まずは提携ローンを勧めてきます。

提携ローンには、以下のようなメリットとデメリットがあります。

メリット
・あらかじめ不動産会社と提携しているので、審査が通りやすい。
・通常、物件価格の20%の頭金が必要ですが、5%や0円でも借りられる場合があります。
・優遇金利が用意されていることがある。
・通常の住宅ローンでは、必要書類を自分で揃えて、自ら金融機関に出向く必要がありますが、提携ローンであれば、自分で揃えるのは収入証明や住民票だけで済み、後は不動産会社が手続きを代行してくれるので、手続きが楽です。

デメリット
・提携ローンは、頭金0円でも借りられる場合があり、一見ラッキーなようですが、返済能力を超えている場合が多く、後々の返済が苦しくなる場合があります。
・あらかじめ物件と提携ローンがセットされている場合は、その物件でしか使えないことがあります。
・手続きを不動産会社が代行してくれますが、その分ローン斡旋手数料がかかる場合があります。(5万〜10万円)

提携ローンを賢く利用するためには

 提携ローンは以上のようなメリットがありますので、不動産会社の言われるがままに、契約してしまう方が多い(全体の6割程度)のですが、住宅ローンというのは、基本的にどこで組んでも構いません。お金を払うのは自分ですから...。

ですので、賢く住宅ローンを組むためには、提携ローン以外に有利な住宅ローンはないか、しっかりと検討してみる必要があります。

住宅ローンは比較が大切!

住宅を購入する際、紹介される提携ローンは購入者に不利な場合が多く、言われるがままに契約するのは非常にもったいないです。私も使った一括審査サービスをご紹介します。私は8大疾病保証もつけて最も低金利で組みました。

住宅ローン

私の住信SBIネット銀行住宅ローン契約体験記【生口コミ】

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ

  1. 住宅ローンを選ぶ前に考えること
  2. 住宅ローンの違いを知る
  3. 住宅ローンを借りるまでの計画
  4. 住宅ローン選びは慎重に
  5. 住宅ローン選びの実践