住宅ローンと災害

住宅ローンの選び方・組み方ガイド!

住宅ローンと災害

住居が災害に合うと住宅ローンはどうなるのか?

住宅ローン組み方 日本は地震大国といわれますが、地震や津波、台風など、自分が住んでいる住居が災害に合う可能性もあります。

 まず住居が災害に合って倒壊した場合も、住宅ローンはなくならないということを知っておきましょう!住居がなくても住宅ローンの返済は続くのです。お金を貸した金融機関に罪は有りませんからね(^^;)

住宅ローンを組む際、通常火災保険に加入しますが、火災で住居が被害にあった場合、被害状況と契約金額に応じて、一定の金額が支払われます。火災保険で支払われたお金で、住宅ローンをすべて返済できたとしても、新しい住居の購入資金が必要になります。

ですので火災保険では、新しい住居の再建費用までは確保できません。また、地震により発生した火災では、火災保険が適用されませんので、地震保険にも別途加入しておく必要があります。

地震保険は、火災保険とセットで契約するもので、契約金額は火災保険の30%〜50%と決められています。地震保険は加入しない人もいるのですが、東日本大震災で、地震による津波の被害の恐ろしさは痛感させられたので、火災保険だけでなく、地震保険にも加入しておきましょう!

まずは金融機関に相談を!

 住居が災害にあったら、まずは住宅ローンを組んでいる金融機関に連絡をします。被害の状況によって、返済期間を延長してくれたり、元金の返済を猶予してくれたり、個別に救済策をとってくれることもあります。

公的支援を利用する

 自然災害により住居が全壊又は半壊した場合、阪神・淡路大震災をきっかけにできた法律、「被災者生活再建支援法」により、国が一定の金額を給付してくれます。

被害の状況により、最高300万円まで支給されますので、利用しない手はありません!役所(地方自治体)に行けば、案内してくれますので、必ず申請するようにしましょう!

災害を考えた住居選び

 住居が災害の被害に合ってしまうと、ある程度は保険でまかなえたとしても、金銭的にも精神的にも損しかしません。しかし、災害はいつ起きるかわかりません。ですので、災害が起きたときのことを考えて、住居選びをするべきです。

 まず"住居の立地を考える"ということです。

 住居の立地が地震が起きたときに、被害に合いやすい場所でないか確認します。崖が近くにあれば土砂崩れの危険がありますし、沿岸部では津波の危険があります。また、大雨で水没する地域でないか確認する必要があります。

国土交通省が、自然災害の状況をまとめた、「ハザードマップポータルサイト」を公開しておりますので、一度確認しておくとよいでしょう!

 次に"耐震性に優れた住居を選ぶ"ということです。

最近建てられたマンションであれば、鉄筋コンクリート造(RC)鉄筋鉄骨コンクリート造(SRC)が一般的なので、あまり心配はいらないのですが、戸建の場合はほとんどが木造です。

木造はどうしても地震などの耐震性が弱いので、地盤の状況や構造部など、耐震性に不安はないか、入念に確認しておきましょう!


 2011年3月11日に日本は、これまでに体験したことのないような、未曾有の大震災、"東日本大震災"に襲われました。

日本は地震大国と言われていますが、災害は忘れたころにやってくるので、しっかりとした資金計画をしておきましょう!

住宅ローンは比較が大切!

住宅を購入する際、紹介される提携ローンは購入者に不利な場合が多く、言われるがままに契約するのは非常にもったいないです。私も使った一括審査サービスをご紹介します。私は8大疾病保証もつけて最も低金利で組みました。

住宅ローン

私の住信SBIネット銀行住宅ローン契約体験記【生口コミ】

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ

  1. 住宅ローンを選ぶ前に考えること
  2. 住宅ローンの違いを知る
  3. 住宅ローンを借りるまでの計画
  4. 住宅ローン選びは慎重に
  5. 住宅ローン選びの実践