シュミレーション・金利計算方法

住宅ローンの選び方・組み方ガイド!

住宅ローンのシュミレーション・金利計算方法

専用のシュミレーションフォームを使おう!

 住宅ローンの月々の返済額や、利息の合計、総返済額などを求めたい場合、手計算で求める方法もありますが、かなり難しく、専門家でないとほぼ不可能です。専門家でも金融電卓という専用の電卓を使うくらいです(^^;)

 住宅ローンを組む場合、シュミレーションというのは非常に重要で、それぞれの条件(変動or固定、元利均等or元金均等など)に応じて、どの程度の返済になるか、具体的な金額でわかります。

返済額や利息がわかることで、このプランならどうかな?など、いろいろ試してみることができ、変動と固定の違いや、元利均等と元金均等の違いなどが実感できますので、さらに住宅ローンの理解が深まります!

 下記に、私がよく使う、便利な住宅ローンシュミレーションフォームをご紹介しておきます(^^)

住宅ローンシュミレーション
住宅ローンのシュミレーションサイトはたくさんありますが、ここが1番使いやすく、基礎知識も簡単に解説してくれているので、初心者の方にもわかりやすいのでないかと思います。

住宅ローンシュミレーション繰り上げ返済シュミレーションができます。

住宅保証機構シミュレーター
返済額の試算・借り入れ可能額の試算・繰り上げ返済・返済プランの比較・複数ローンの組み合わせ・諸費用の試算ができ、細かく条件を入力することが必要ですが、より正確なシュミレーションをすることが可能です。

ローン返済額計算 [ ローン返済額シミュレーション ]
ボーナス月の返済額を指定してシュミレーションすることができます。元利均等返済と元金均等返済を、横並びで比較できますので、非常にわかりやすいです。

住宅ローンは比較が大切!

住宅を購入する際、紹介される提携ローンは購入者に不利な場合が多く、言われるがままに契約するのは非常にもったいないです。私も使った一括審査サービスをご紹介します。私は8大疾病保証もつけて最も低金利で組みました。

住宅ローン

私の住信SBIネット銀行住宅ローン契約体験記【生口コミ】

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ

  1. 住宅ローンを選ぶ前に考えること
  2. 住宅ローンの違いを知る
  3. 住宅ローンを借りるまでの計画
  4. 住宅ローン選びは慎重に
  5. 住宅ローン選びの実践