住宅ローンの選び方

住宅ローンの選び方・組み方ガイド!

住宅ローンの選び方

住宅ローンを選ぶポイント!

住宅ローン組み方 住宅ローンは、さまざまな金融機関が取り扱っていて、金利や条件など、たくさんあり過ぎるというほどあります。

特にここ数年、顧客獲得をめぐって競争が激化しており、金利競争やその他のサービス面(手数料など)が、非常に充実してきています。

 住宅ローンは何も不動産会社に紹介される銀行のローンがすべてではなく、ゆうちょ銀行やJA、ろうきん、ネット銀行など、さまざまあります。

住宅ローンの借入先は、自分で自由に決めることができるので、不動産会社の言いなりではなく、お金を払うのは自分なのですから、自分が一番得をする住宅ローン選ぶことが大切です!

 まずは住宅ローンを選ぶ前に、借り入れの条件を確定しておきます。そうしないと、こっちの銀行は変動がお得だけど、固定ならこっちがお得という風に、同道巡りしてしまい、分けがわからなくなります。

最低限、【借り入れ金額・変動金利or固定金利・元利均等払いor元金均等払い・返済期間】は確定しておきましょう!確定した条件を元に、各社のホームページでどちらがお得か比較していきます。

金利を比較する!

 住宅ローンをお得に返済するためには、金利が一番重要です。金利が低ければ低いほど、利息も少なくなりますので、同じ条件で一番金利が低いところを選びましょう!

期間限定で金利を引き下げている金融機関が多いので、通常の金利はいくらなのかもよく確認しておきましょう!

ローン以外にかかる費用を比較する!

 住宅ローンを借りる際には、住宅ローン以外にも諸費用がかかります。ローン保証料・融資手数料・団体信用生命保険料・繰り上げ返済手数料などです。

中でも、繰り上げ返済手数料は、無料のところもあれば、有料のところもありますので、よく確認しておきましょう!

他に有利な制度がないか確認する!

 住宅を購入する場合、各地方自治体の住宅融資や会社の社内融資、財形貯蓄をしている人なら財形住宅融資など、金融機関よりもお得に借り入れができる場合があります。

住宅ローンとそれらを組み合わせることで、よりお得に資金を借り入れることができます。


 以上が住宅ローンの選び方のポイントです。

住宅ローン選びは最初が肝心で、途中で借り替えもできますが、やはり始めから一番お得なローンを組む方が断然お得です!

少々めんどくさいかもしれませんが、自分で2,3社に絞ったら、直接銀行に出向いて、より詳しくシュミレーションをしてもらい、それを比較すると、より精度の高い比較ができます。

 私も住宅ローンを選ぶ際には、そのようにして、何年後には元本がこのくらい残っていて、利息をこれくらい支払うなど、詳しく見ていきました。そうすることで、より知識と理解も深まりましたよ(^^)

住宅ローンは比較が大切!

住宅を購入する際、紹介される提携ローンは購入者に不利な場合が多く、言われるがままに契約するのは非常にもったいないです。私も使った一括審査サービスをご紹介します。私は8大疾病保証もつけて最も低金利で組みました。

住宅ローン

私の住信SBIネット銀行住宅ローン契約体験記【生口コミ】

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ

  1. 住宅ローンを選ぶ前に考えること
  2. 住宅ローンの違いを知る
  3. 住宅ローンを借りるまでの計画
  4. 住宅ローン選びは慎重に
  5. 住宅ローン選びの実践