年収と安全な毎月返済額【住宅ローン】

住宅ローンの選び方・組み方ガイド!

年収と安全な毎月返済額

余裕のある返済額とは?

 住宅ローンが始まると、毎月決まった日に返済が始まります。返済額=元金+利息ですが、自分の年収では、どの程度までの返済額であれば、余裕を持った生活ができるのか、チェックしてみましょう!

 ご自分の年収(税金などを引く前の額面の年収)を元に計算しますので、どの程度の返済額であれば余裕を持った生活ができるのか、わかりやすいと思います。

 試しにやってみると、年収450万円(税込み)のサラリーマンの方がいたとします。

計算式に当てはめて、450万×25%=112万5千円となります。さらに112万5千円÷12ヶ月=93,750円とでます。年収450万円の方は、毎月の返済額が93,750円以下であれば、余裕を持った生活ができるということになります。(ただし、他の借り入れがある場合は、この返済額から差し引きましょう。)

 金融機関が貸し出す金額は、年収400万円未満であれば年間返済額が年収の30%以下、年収400万円以上であれば、年間返済額が年収の35%以下と決められていますが、これは金融機関の審査の基準なので、この数字を鵜呑みにしてしまうと、生活に余裕がなくなります。

生活に余裕を持ちつつ返済していくには、年間返済額が、年収の25%以下に抑えられるようにしましょう!


 せっかく夢のマイホームを手に入れても、住宅ローンの返済返済で追われてしまうと、楽しさも半減してしまいますので、余裕を持った資金計画を立てることが大切です!

住宅ローンは比較が大切!

住宅を購入する際、紹介される提携ローンは購入者に不利な場合が多く、言われるがままに契約するのは非常にもったいないです。私も使った一括審査サービスをご紹介します。私は8大疾病保証もつけて最も低金利で組みました。

住宅ローン

私の住信SBIネット銀行住宅ローン契約体験記【生口コミ】

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ

  1. 住宅ローンを選ぶ前に考えること
  2. 住宅ローンの違いを知る
  3. 住宅ローンを借りるまでの計画
  4. 住宅ローン選びは慎重に
  5. 住宅ローン選びの実践