住宅ローンの頭金

住宅ローンの選び方・組み方ガイド!

住宅ローンの頭金

用意する頭金の額

住宅ローン組み方 家を購入する時には、頭金が必要になります。頭金とは、物件を購入する前に現金で用意しておくお金です。

頭金は、一般的に物件価格の20%が必要とされています。残り80%を住宅ローンを組みます。(頭金0円で100%住宅ローンが組めるものもありますが、返済能力を超えていることが多いので、おすすめはしません。)

では、物件価格の20%の頭金を用意すれば安心なのかというとそうではなく、物件を購入するときには、別途税金や手数料などの諸費用がかかってきます。通常、諸費用分は住宅ローンの対象とならないことが多いことから、諸費用分の自己資金を用意する必要があります。諸費用の目安は、物件価格の10%です。

頭金物件価格

 ですので、頭金として用意するのは、物件価格の20%+物件価格の10%が必要です。

安心できる頭金例えば3500万円の物件を購入するときは、3500万×30%=1050万円の頭金を現金で用意しなければならないということになります。


 頭金を物件価格の30%用意しておけば、ゆとりをもった住宅ローンを組むことができ、審査も通りやすくなります。

 頭金は多ければ多いほどいいので、総返済額を少なくするためにも、しっかりと用意しておきましょう!

住宅ローンは比較が大切!

住宅を購入する際、紹介される提携ローンは購入者に不利な場合が多く、言われるがままに契約するのは非常にもったいないです。私も使った一括審査サービスをご紹介します。私は8大疾病保証もつけて最も低金利で組みました。

住宅ローン

私の住信SBIネット銀行住宅ローン契約体験記【生口コミ】

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ

  1. 住宅ローンを選ぶ前に考えること
  2. 住宅ローンの違いを知る
  3. 住宅ローンを借りるまでの計画
  4. 住宅ローン選びは慎重に
  5. 住宅ローン選びの実践