住宅ローンの選び方・組み方ガイド!

住宅ローンの選び方・組み方ガイド!

住宅ローンの選び方・組み方ガイド!

一番得をする住宅ローンの組み方

住宅ローン組み方 当サイト名が"住宅ローンの選び方・組み方ガイド"であるように、当サイトをご覧のみなさまには、最終的に自分が一番得をする住宅ローンを組んで欲しいと思っております。

そこで、現在の日本の景気や金利の動向を踏まえた上で、一番得をする(無駄な利息を支払わない)秘訣を、ご紹介したいと思います(^^)

 まず1つ目が、"借り入れ額はできるだけ少なくする"です。

住宅ローンで借り入れる金額は、できるだけ少ない方がいいのは、イメージでもお分かりいただけることと思います。

住宅ローンは借金であることに変わりは無く、毎月の返済ごとに利息を徴収されます。この利息というのが曲者で、返済期間が長くなればなるほど、利息の支払い総額がどんどん膨れ上がってくるのです!

急がず頭金をしっかりと用意して、借り入れ金額をできるだけ少なくすることで、利息の支払いを最小限にすることができ、最終的に一番得をすることができます。

 2つ目が、"金利タイプは変動金利型を選ぶ!"です。

現在の日本は超低金利時代が続いており、おそらくこれから金利が急騰するというようなことは、非常に考えづらいので、金利が1%前後と低く、毎月の返済額が少なくて済む、変動金利型をおすすめ致します!

詳しくはこちら→金利の違いと総返済額変動金利と固定金利の違い

 3つ目が、"返済方法は元金均等返済を選ぶ!"です。

元金均等返済では、元金は一定ですが、支払い当初は利息分が大きく、返済が進むにつれ、利息分が少なくなっていきますので、当初の毎月返済額は多いのですが、その分元金の減りが早く、結果的に元利均等返済よりお得に返済することができます。

詳しくはこちら→元利均等返済と元金均等返済の違い

 4つ目が、”バンバン繰り上げ返済をする!”です。

住宅ローンは毎月元本と利息を返済していきますが、この利息が非常に大きく、返済当初は、毎月返済額の半分くらいが利息になります。元本部分はなかなか減りません。

定期的に繰り上げ返済をすることで、元本部分だけを一気に減らすことができますので、その部分の元本にかかる利息も無駄に支払わなくて済みます。

詳しくはこちら→住宅ローン繰り上げ返済

 5つ目が、"住宅ローンの返済を優先的に考える!"です。

住宅ローンの返済は10年20年30年とかかる長丁場ですが、返済期間が長くなればなるほど、無駄な利息を支払うことになり、大きな損をしてしまいます。

住宅ローン以外にも、車を買い換えたり、教育資金などもあるかと思いますが、住宅ローンは借金ですから、借金は早く返しておいて損はありませんので、住宅ローンの返済を優先的に考えるようにしましょう!


賢い住宅ローンの組むための秘訣を5つあげました。

  1. 借入額はできるだけ少なくする
  2. 金利タイプは変動金利型を選ぶ!
  3. 返済方法は元金均等返済を選ぶ!
  4. バンバン繰り上げ返済をする!
  5. 住宅ローンの返済を優先的に考える!

 以上の5つの秘訣を守って住宅ローンを組めば、超低金利時代の現在、一番お得に住宅ローンを組み、返済していくことができます(^^)

ただし、人によってはさまざまな事情がありますので、私のアドバイスを参考にしつつ、ご自分の資金計画に合った住宅ローンを組むことが1番大切です!

住宅ローンは比較が大切!

住宅を購入する際、紹介される提携ローンは購入者に不利な場合が多く、言われるがままに契約するのは非常にもったいないです。私も使った一括審査サービスをご紹介します。私は8大疾病保証もつけて最も低金利で組みました。

住宅ローン

私の住信SBIネット銀行住宅ローン契約体験記【生口コミ】

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ

  1. 住宅ローンを選ぶ前に考えること
  2. 住宅ローンの違いを知る
  3. 住宅ローンを借りるまでの計画
  4. 住宅ローン選びは慎重に
  5. 住宅ローン選びの実践